鹿児島県の方もベビー用品は買うよりも借りるほうがお得!

鹿児島県の方も赤ちゃんが生まれると非常に嬉しく幸せな事ではあるのですが、ベビーベッドやチャイルドシート、ベビーカーといったベビー用品を色々とそろえる必要があります。こういったのをいろいろ揃えていると本当にお金がかかるんですよね。

 

子供を育てていくには本当にお金がかかりますので、まずは鹿児島県がやっている子育て支援の手当てや助成金を確認して上手に活用しましょう。鹿児島県の子育て支援の手当てや助成金の一部をピックアップすると、「妊婦健診費用の払い戻し(県外で受診する場合)」「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)等に対する助成」「こども医療費助成制度」「未熟児養育医療」「母子・父子家庭等医療費助成制度」「母子栄養食品の支給(未来を守るミルク支給事業)」「児童手当」「児童扶養手当」「特別児童扶養手当」等がありますよ。

 

赤ちゃん

 

ところで、ベビーベッドやチャイルドシートって鹿児島県で買うとなると数万円は余裕でしますが、その子にあったものでないと嫌がって買い替える羽目になってしまうということもあるでしょう。

 

しかも、これらのベビー用品が不要になった場合は、粗大ごみになりますので鹿児島県の地方自治体でお金を支払って引き取ってもらわないといけません。

 

なので、鹿児島県の方がベビーベッドやチャイルドシートといったベビー用品が必要になった時は

買うのではなくレンタルする!

というのがベストになります。そこで、鹿児島県の方がベビーベッドやチャイルドシートといったベビー用品が必要になった時にレンタルするのにおすすめの業者を以下で紹介しておきますね。

 

ベビーベッド・チャイルドシートでおすすめのレンタル業者

ベビレンタ
ベビレンタ

鹿児島県の方がベビー用品のレンタルなら「ベビレンタ」が圧倒的におすすめです。業界最安値で全国発送も可能ですからね。
元保育士・赤ちゃんのプロが運営しているレンタル業者なので安心して利用することができます。
短期間からのレンタルが可能ですよ。

 

DMMいろいろレンタル
DMMいろいろレンタル

DMMいろいろレンタルはその名の通り色々な物をレンタルすることができる業者です。DMMなので大手で安心感があるでしょう。
ベビー用品はもちろんですが、お宮参りや七五三等子供に関するあらゆるものをレンタルすることができますよ。

 

鹿児島県に店舗のあるベビー用品レンタル業者一覧

さくらベビー

さくらベビーは出産内祝いギフトやベビー用品・お宮参り衣装のレンタルなどをおこなっている会社です。
ベビー用品はベビーベッド、ベビースケール・ベビーバス、チャイルドシート、ベビーカー、ベビーラック、セーフティーグッズなどが用意されていますよ。
住所:鹿児島県鹿児島市新照院町 27-24
電話番号:099-222-1550

 

鹿児島レンタルサービス

鹿児島レンタルサービスはあらゆるもののレンタルサービスを行っている会社で、その中の一つにベビー用品のレンタルが用意されています。
チャイルドシートやベビーカーが用意されていますよ。
住所:鹿児島市新栄町14−5
電話番号:099-254-5929

鹿児島県の方のベビー用品レンタル体験談

子供が生まれてから、必要なベビー用品を買い揃えようとすると大変です。あれもいるこれもいると言った具合に、子供のための様々な物が必要になります。

とりあえず思いつく限り、店舗などへ出向いて子供用のベッドやベビーカー、布団などを買い揃えていきました。そうした物を購入しているうちに、他にも必要なベビー用品をすべて買い揃えることができなくなってしまいました。

特に、チャイルドシートやベビーバスはあまり気が回らずに購入が後回しになっていました。しかし、チャイルドシートは子供を車に乗せるには必ず必要な物で、まだ小さな子供は水やお湯などを怖がるので、大人と同じお風呂に入れるわけにもいきません。

そこで、すぐに買い揃えなかった物はレンタルの物を利用することにしました。以前からダスキンのレンタルサービスを利用していたので、そこからベビー用品もレンタルすることにしました。

なるべく早くレンタルしたかったのでその旨を店舗で伝えると、在庫があったので思っていたより、早くベビー用品をレンタルをすることができました。

受け取ったベビー用品はきれいで、ほとんど新品に近い状態で、使用感もあるようには見えませんでした。それに親にとってだけでなく、子供にとっても使いやすい物だったので、とても利用しやすかったでです。

また、返却も同じ店舗に持ち込めば良かったので、それほど手間や料金も掛かりませんでした。

借りていた期間は、2か月程度でその後は何とかお金を工面して新しい物を購入しました。

あと、ベビー用品をレンタルをしていた間に何度か、同じ用品を使いたい人がいるというメールをもらいました。そこらも必要だったので、レンタル期間中はそれに応じることができませんでした。