6歳未満の子供にチャイルドシートは義務

6歳未満の子供をの車に乗せるにはチャイルドシートは必須となっています。これは法律で義務付けられていますので、チャイルドシートに乗せずに乗ってしまうと道路交通法違反で交通違反点数1点が加算されてしまいます。

 

交通違反がどうのこうのよりも、子供の安全を守るためにも絶対に必要なものですね。

 

6歳以上になればチャイルドシートを外しても違反にはなりませんが、一般的なシートベルトは身長140センチ以上の体格を基準として作られていますので、6歳以上になっても身長140センチ以下ならばジュニアシートなどを利用したほうが良いでしょう。

 

このように6歳未満の子供が車に乗るのならチャイルドシートが必須になりますが、今って車があってもあまり乗らないという方や、実家に帰省する時だけ乗るっていう感じで、時々は必要になるけどあまり多くは利用しないということが多いです。

 

こういった時はレンタルするというのが1番良いですね。頻繁に車を利用する場合でもレンタルしたほうがお得になる場合があります。

 

で、このチャイルドシートのレンタルですが最もお得にレンタルできるのが、王痛安全協会で借りるというものになります。

 

交通安全協会のチャイルドシート・ベビーシートレンタル

よく警察署でレンタルできると勘違い方もいますが、レンタルできるのは交通安全協会です。

 

交通安全協会って何?という方もいるかもしれませんが、運転免許証の更新手続きなどをする際に、同時に受付窓口で加入を勧められるものです。

 

任意なのですが、入らないといけないのかな?と思って、受付でそのまま加入してしまっているという人もいるでしょう。

 

正直そんなにメリットがあるというものではありませんが、チャイルドシートやベビーシートを借りたいという場合は無償で借りることができます。クリーニング代とかが必要な場合はありますけどね。

 

また、どの地域の交通安全協会でもレンタルしているという訳ではなく、している所としていない所がありますので、自分が加入している交通安全協会に問い合わせてみるようにしてください。

 

レンタルしている交通安全協会だとしても、数がすごく多いという訳ではありませんので、在庫がないという場合もありますのでなるべく早く問い合わせておくことが重要ですね。

 

交通安全協会によって内容も違いますが、どちらかというと1カ月以内であったり6カ月以内といった比較的短期間のレンタル期間が一般的かなと思います。一時的に帰省するために車を使うといった感じの時ですね。

 

なので、お盆の時期であったり年末年始といった時には予約が集中してしまいますので、これらの時期に必要となって借りたいという場合もなるべく早く申し込みしておくといいでしょう。

 

交通安全協会でチャイルドシートをレンタルできるのを知らないという人も結構いますので、もし周りでチャイルドシートが一時的に必要という人がいれば教えてあげたいですよね。

 

あまり加入するメリットがないのではと思われる交通安全協会ですが、チャイルドシートをレンタルすることができればメリットは大きいといえるでしょう。